fc2ブログ

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Archives

Comments

Blog Links

趣味読書について

Category : 日常的雑記
趣味、読書についてつらつらと考えたい。

私が小説を読むことを習慣にしたのは大学生になる頃です。私は中高生時代を「何を考えているかわからないひと」として生活していました。友人との登下校時の会話も3人いたら私は一緒に話をきいているだけ、とか。気の合う友人とも二人で何を話していたのか思い出せないし、クラスメイトにも私は何を話すのかわからない存在だったのだろうと思う。自分でも自分の気持ちを伝えるための言葉をもっていなかったのだから。
そんな私は大学デビューをひかえ、このままボキャ貧のままでいるとヤバいぞ…と危機感で「本を読まねば」と真剣に思ったのでした。気の合う友人に真剣にそう話すと「あほか」いわれたけど。

本を好きな人の言葉が私を本の世界に誘ってくれた。小説家さんも自身の書斎や、読書体験を文芸誌などメディアで言葉にして、本を読むことの面白さを伝えてくれるいい時代に生きていてよかった。好きな読書を、文芸を仕事にしている人が巧みな言葉で読者に伝えてくれることが「敷居は低く、間口は広く、奥行きは深い」読書を趣味にする契機になりました。

自分の興味のアンテナを思うままに伸ばし、読み、読み、読みまくる。そんな時間のあった時代は私にとって今の支えになっている。今はいい時代です。作家さんも個人のSNSアカウントで情報発信したり、日常を言葉にしてくださったり。作家さんをもっと身近な存在になっていたりするのかな。

「受容」「共感」という言葉が、私のテーマになっているようです。
自分ではない人の言葉を自分のことのように消化することを読書でしてたのだろうと思う。
小説の言葉を、批判や批評をするように読むことは不思議と私はなかった。
利己的に、自分の思う通りに…ならない物語をそのままの私で読んだ。
読書は、他者の思考を沈黙の中で聴く行為。物語の展開をそのまま受け入れる行為。

それは一方通行のようで、読者は自分の気持ちとも対話することになる。そうして自分の言葉をもたなかった私は今、誰かの言葉を養分に自分と対話し、誰かと混じった何者かの私になった。ふくざつに。

ふくざつ。だけど、それはあまりに人間的で好き。そんな自分を好き。
好きなことを、好きな言葉で、自在に扱うことができ、それを他の読み手と共有することが今の時代はできる。読書歴二十余年。私は今年、二度目の成人を迎えた。

非公開コメント

  

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り/読み聞かせ

考え事が趣味みたいなもので、厄介で。
ひとに優しくいられたらいいなと思う。

Booklog