Time is Funny

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Comments

Archives

イニエスタ自伝を読みながら

Category : 一般文芸
スペイン代表のサッカー選手、イニエスタの自伝を読んでいます。

幼少期から周囲より群を抜いてその才能を発揮し、それは彼自身や周囲の大人に若くして大きな決断を迫る。スペインの強豪バルセロナの下部組織にスカウトされ、少年期の成長過程に両親と離れて暮らすことは大きな痛みを伴う。

海外の書籍を読むと思うのは、訳者の静かな筆致によるものか、人生の侘しさを感じてしまうのです。「何か」、個人の力だけではどうにもできぬ大きな出来事が人それぞれにはある。そして本を読むことは自分にない出来事を、時に痛みを伴いながら体験することになる。

「本を楽しむことに、誤読をしても構わない」

本を読むにあたって、そう言っていただいて気持ちが晴れた時がありました。文章は伝えるためにあるけれども、どう感じるのかは読み手の自由に委ねられているという考え。小説を読む時、一人称視点で描かれるものは、その主人公になったように感じながら読むことがあります。

この自伝も、ひとりの才能が開花する過程を、関わった人物の言葉を借り、また本人談によって眺めることができます。そしてその描写にイニエスタを自分に重ねる。。

「天才」とは?
――という談義は数あるけれど、誰しも何らかの才能を持っているハズで、彼はサッカーをよく識る才能を持ち、それを発揮することで周囲の大人の目に留まった。そう、「大人の目」って大事。人は他者に認知められて初めて自分を知るのではなかったか。才の無さを認めるのでなく、その才を認める人の存在。

「センスは磨くもの。才能は開花させるもの。」
僕の好きなスポーツ漫画で描写されたシーンが思い浮かぶ。

これはイニエスタの物語であり、才能が花開く時を待つ春待ち人にとっての必読書だ。
(…なんて言い過ぎかな。言い過ぎだな。うん。)

「夢」ってよくわからないのだけれど、好きだと感じた事について真剣になりたい。
物事に真摯に取り組めば、見守ってくださる大人は享受してくれるし、自分も相手にまっすぐに居る。

自分の気持ちをフラットに存在ると、周囲の声が綺麗に聞こえる感覚になる時があります。
ああそうだ、既成概念(こだわり)とかいう敵は我が身の中にいたんだ。

自分の気持ちに正直になるって清々しい。
そして、自分の気持ちを人に伝えるための言葉をほしいと思う。

fc2blog_20170304164758083.jpg

非公開コメント

  

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り

時々気が狂いそうになることもございますが、おおむね温厚です。

褒めて伸びる子です。拍手やコメントをいただけると、飛んで跳ねて喜びます。

Blog Links