Time is Funny

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Comments

Archives

エル・クラシコ

Category : スポーツ
今週はスペインダービー(エル・クラシコ)でした。
世界のサッカー事情はビデオゲームから知ったクチです。

そんなウイニングイレブンの最新作、2017のLite版がPSストアから無料でダウンロードして遊べます。(…なんて時代だ。)

自分のチームを作るmy clubモードでは今、クラシコ特別ガチャがあって、歴代の両チームのレジェンドが含まれるガチャで、現在バルサの監督を務めているルイス・エンリケを選手として獲得したよ。でも僕はマドリー派なのでデル・ボスケ監督を招聘してチーム作り。エース級は引けなかったけれど、ノルウェー代表の18歳ウーデゴーアを中心にしたいと思っています。

でもゲームは一日一時間にしないと、ね。

オリックスブルーウェーブ@ほっともっとフィールド神戸

Category : スポーツ
昨日はオリックス今季はじめての神戸での試合。ブルーウェーブ復刻ユニホームでの試合でした。



試合前にスタジアム前広場にて田口壮さんのトークショーがあり、震災当時のチームの状況、あの異常な中で優勝できた奇跡のようなチームについて話されていました。



直近の試合の勝利で糸井選手も手応えをつかんだようで、糸井選手が打つとチームとしても士気が上がるこれからが楽しみだとおっしゃってましたよ。



そんななかでの西武戦。

先発のディクソン投手の粘り強い投球に伊藤選手が応え先制タイムリー。中押しに糸井選手、ダメ押しに坂口選手の本塁打も出ました♡中島選手にも一本タイムリーが出ましたね(๑′ᴗ‵๑)

メガホン叩いて声をはって応援をしたのは初めての経験でして、すごく楽しいスタジアム観戦でした(.◜ω◝.)♡



小雨しとしと春花火

Category : スポーツ
七回表。
ジェットバルーンに瞳、奪われたまにまに‥
レフトスタンドに一閃、陽選手の打球が吸い込まれた。
ファイターズが勝利を引き寄せる大きな一点になった。

僕はオリックスのファン。
今年初の神戸での試合を観に、ほっともっとフィールド神戸へ赴いたのは先週の金曜日
勝率を五分にし、打線も上向いてきたかな・という流れでの一戦。
しかしながら目の当たりにしたのは元ハンカチ王子、斉藤祐樹投手のプロ初完封となる試合であった。
IMG_0213[1]
小雨はらはら散る空模様
雨雲をふり払うよう、五回裏終了時には花火が打ち上げられる
オリックス打線も導火線に火を点けてほしかったけどねー
斉藤投手はストライク先行で投げきった。完敗

今度また観に行くときは奮起してもらいたいものだ。
神戸でする試合はひと月に一試合は観に行きたい!と息ばんでます。
生の雰囲気はイイモンです。
マスコットもかわええし、スタジアム観戦よろしいです。
IMG_0204[1]

では。

blogram投票ボタン

Hero, don't cry & smile today.

Category : スポーツ
ひさしぶりに野球観戦などしておりました。
処は神戸、ほっともっとフィールド神戸
かつてのスカイマークスタジアム、或いはヤフーBBスタジアム、或いはグリーンスタジアム神戸。

先日の日曜日はそんなオリックスの黄金時代、イチロー選手などが「がんばろう神戸」を旗印にリーグ連覇をした当時のユニフォームを着用して試合をしておりました。
しかししかし先発の近藤が試合を作れず8失点で降板・・。
こつこつ追い上げるも序盤の大量失点を返す力はなく西武に完敗。

ひさびさの観戦で寝覚めも悪かったので本日(13日火曜日)も繰り出すことに。
さて、その楽天戦。
両チームともにエースが投げておりました。
こちらオリックスは金子千尋。
対するは楽天・岩隈。
両投手ピンチらしいピンチもなくスコアボードには0が並べられます。

そして延長10回
それまでやや楽天ペースか?と思われていたなかでバルディリスがサヨナラホームランを放つ。
亡き祖母に捧げる一打だそうだ。
ヒーローインタビューで言ってた。
やや涙ぐんでた、バルディリス。
えらいぞ、バルちゃん。

野球に限らずスポーツってのは「流れ」ってのがある、確実に。
その流れてのは目にみえないが選手のリズム、球場の空気など生き物のように絶えず変化している。
外野席の応援団なんかは球場のムードをつくってる、確実に。
そしてそれに呼応するように奮起する選手たち。

しかし今日はナイスピッチングを続ける金子投手が目立つばかりの苦しい展開であった。
そんな湿りがちな打撃陣の悪い流れを絶ったバルディリス。
えらいぞ、バルちゃん。

手荒い祝福を受けるあなたをスタンディングで迎えた私たちなのであった。

blogram投票ボタン

フォッツァ・ガンバ・モットイッタレ♪

Category : スポーツ
本日は神戸はホームズスタジアムまでJリーグの試合を観に行っていた。
ヴィッセル主催のガンバ大阪の試合を観るためだ。
まいど大阪まで出向くほど熱烈ではない、だけどガンバファンなワタクシなのです。
年に一度ヴィッセルのホームへ来るガンバの試合は近年欠かさず観に行ってます。

と、書き出すと必ず下の句につくのが
――ヴィッセルよ、どうかJ2に降格してくれるなよ!です。
昨年など終盤の活躍がなければ降格してましたからね、ひやひやもんでしたよ・・
ということで必然的にJ1の試合は神戸も気になるのです毎節。

――今節までのあらすじ。
J1の試合は日程の関係で首位争いが混迷を極めていた。
前半戦は柏、仙台などがひっぱるも
試合の消化とともに上位はやはり自力のあるチーム。
柏が粘るなか名古屋、G大阪、横浜Mが順位を上げてくる。
一方で下位に沈んでいた神戸は4連勝し中位につけるそんななかでのこの一戦!
いざ、関西ダービー!!

ポゼッションのガンバに対し、鋭いカウンターの神戸
序盤はこう着状態が続く。
そんななか前半の半ばすぎ、ガンバが左サイドをえぐり折り返しをもどし、武井が流し込む――先制!
前半はそのまま終了。

後半も相手の右サイドを攻めるガンバ。
韓国代表FWイ・グノが強い強い!はげしいチェイスでボールを納める動き。
そして待ってた追加点がガンバにもたらされる。
中央を抜け出したもう一人のコリアンパワー、キム・スンヨンのゴール!

なおも攻めるガンバは左サイドを抜け出したグノが冷静にネットにおさめて3点目
その後お役御免でスンヨン、遠藤、ラフィーニャがベンチへ下がる。
そしてロスタイム。
5分のうちの4分が過ぎた頃、代わって入っていた10番二川が抜け出してダメを押す。

終わってみれば4-0の快勝であった。

現場の雰囲気はTV観戦と比較にするまでもなく興奮状態がパない。
しかし、サポーター席の熱を飲み込む程の熱力は自分にはまだないな、とクールな頭で思った。
そして、自分の恰好を振り返って反省した・・。
ガンバのタオルマフラーに日本代表ユニフォームて。

大勢の青と黒の魂が入ったユニ着てる人の中ひとりサムライが混じってましたそれが私。
今度また神戸のこの地で代表の試合があるみたいなので(可能なら)その時にとっとこう、かな~

ではでは。

blogram投票ボタン

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り

時々気が狂いそうになることもございますが、おおむね温厚です。

褒めて伸びる子です。拍手やコメントをいただけると、飛んで跳ねて喜びます。

Blog Links