fc2ブログ

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Archives

Comments

Blog Links

今宵倭国の片隅で

Category : 日常的雑記
11月。私は教習所に通っていました。普通自動二輪免許の取得を目指して。

ある日原付スクーターを運転していたら上り坂でエンジンが停止してしまって。バイク屋さんに修理してもらったのですが、このスクーターを利用して8年。そろそろ乗り換え時か…どうせ新しいのに乗るなら125㏄のスクーターにしよう!と思い立ったが吉日教習所に入所しました。

二輪免許の関所、一本橋は厄介でした。卒検では脱輪しないことだけを考え(一本橋から落ちると試験中止になる)、なんとか検定をパスし、試験場で免許証を更新しました。
嬉々として選んだ新車はHONDAのPCX。人気車だそうですが、馴染みのバイク店でスムーズに手続きし納車と相成りました。今は新車の”慣らし運転”期間で、ゆっくりのっしりと、すこし大きめの車と馴染もうというところ。

クリスマスにテレビで見た「警察24時」で安全運転の意識を改め、師走は運転荒くなるひとがいるんだなあ…と路上でも年の瀬を感じる。横断歩道は歩行者に道を譲りましょう。スピード超過には十分気をつけましょう。「タートルドライヴ(亀運転)」という言葉にほっこりしたり。

こうして年が暮れてゆく。
ゆるく、まったりとした関係性が私も好きです。
本年もお付き合いいただきありがとうございました。

ビブリオバトル2023

Category : 日常的雑記
fc2blog_202311071919529f3.jpg

読書の秋。
先日は図書館イベントに参加しました。
ビブリオバトルにバトラーとして参戦。
京極夏彦の『鵼の碑』をプレゼンして参りました。

ビブリオバトルとは、バトラーが5分という限られた時間で好きな本を紹介し、質疑の時間も含めて聴衆が読みたいと思った本に投票し、得票数の一番のチャンプ本を選ぶというもの。緊張。人前で話す機会って、私はそうそうないのです。話をいい加減に聞かれるのは本意でないが、しっかり耳を傾けて聴かれるのも緊張感がある。本好きな人は、人の言葉もよく理解しようとする姿勢がある印象です。否定も批判もしないのがルールです。【正しい↔誤り】で他者を判じようとしないのは社会福祉の原則にも云えることです。尊重。みんな解ってることだけど、それをできているひとは少ないのでは?

京極の新作のプレゼンは楽しくできました。
なにより、この本のヴィジュアルが興味を引くモノです。
モノ。ほんと本がモノだ。
単行本サイズは1280頁。厚さ6.5㎝。重さ1.2㎏ある。

fc2blog_20231107194001ecc.jpg

京極作品は妖怪小説と云われている。しかしお化けは登場しないし、そもそもお化けは存在しない。それを妖怪小説たらしめているのは作品が妖怪的な不穏を感じさせるから。鵼(ぬえ)と云う妖怪もわけがわからない。頭が猿で胴体が狸、手足が虎で尻尾が蛇なんて生き物は存在しないのです。存在しない、というのがこの小説の味噌かもしれない。

舞台は昭和二十九年の日光。徳川家康が祀られている日光東照宮のある土地を舞台に蛇の章、虎の章、貍、猨、鵼の章ごとに登場人物の視点が変わりながら話が複合的に混じる。物語終盤にみえてきた事件の全体像が京極堂により真実が明らかにされると、想像以上の驚きがあります。

本作についての著者対談で「読書は旅行のようなものだ」と京極さんは話しておられました。読了し、我が家に帰ってきて「なんだか楽しかったナア」と思えたのならそれでいいのです。この小説を読み、昭和二十九年の日光ミステリ旅行へと出かけてみませんか?

――という旨のスピーチをして参りました。
ではでは。

令和五年夏を回想す

Category : 日常的雑記
令和五年の夏は、それなりに忙しかった。シフト制なので仕事はほどほどに、まとまった連休をいただけたので漫画原作の賞に応募するネームを書くなどしてすごしました。

fc2blog_20230915175653458.jpg

図書館ボランティアでは小学生を対象にした夜の図書館探検イベントに絵本の読み手として参加しました。それからジブリ映画『君たちはどう生きるか』に自問自答する期間を経て、ちょっと怪しい[野の医者]というワードの本を読んだり。

fc2blog_20230915175950021.jpg

ひとは皆、自分の物語を欲しているという仮説を立て、創作活動を通してひとつ答えのようなものを得ました。漫画ネームを書きながら、これは私が私を癒すためのストーリーだと思い、自分の空想の箱庭で展開される物語にナントカ療法の一端をみた気がしたり。

それは仕事である老人福祉にも関わることで、ひとりひとりに人生の物語があり、私たちのケアはその人の物語に耳を傾け共感しあうことで、その信頼関係がよいケアの助けになるということ。他者を批判したり誹謗中傷する世界から距離をとり、個を慈しみ、肯定し、互いに癒す関係性が人間が人間をケアするということなのだと今結論付けました。そう、私たちは他者を癒すことで自分をも癒すことができるのだ。

物語を書くこと。
ひとは皆自分の人生を一冊は小説にして作品を発表できる物語をもっている。
本に親しむ人たちは皆やさしい。
ひとを大切にしているので、正誤判定しない。
やさしい世界は現世に既に、ある。

趣味読書について

Category : 日常的雑記
趣味、読書についてつらつらと考えたい。

私が小説を読むことを習慣にしたのは大学生になる頃です。私は中高生時代を「何を考えているかわからないひと」として生活していました。友人との登下校時の会話も3人いたら私は一緒に話をきいているだけ、とか。気の合う友人とも二人で何を話していたのか思い出せないし、クラスメイトにも私は何を話すのかわからない存在だったのだろうと思う。自分でも自分の気持ちを伝えるための言葉をもっていなかったのだから。
そんな私は大学デビューをひかえ、このままボキャ貧のままでいるとヤバいぞ…と危機感で「本を読まねば」と真剣に思ったのでした。気の合う友人に真剣にそう話すと「あほか」いわれたけど。

本を好きな人の言葉が私を本の世界に誘ってくれた。小説家さんも自身の書斎や、読書体験を文芸誌などメディアで言葉にして、本を読むことの面白さを伝えてくれるいい時代に生きていてよかった。好きな読書を、文芸を仕事にしている人が巧みな言葉で読者に伝えてくれることが「敷居は低く、間口は広く、奥行きは深い」読書を趣味にする契機になりました。

自分の興味のアンテナを思うままに伸ばし、読み、読み、読みまくる。そんな時間のあった時代は私にとって今の支えになっている。今はいい時代です。作家さんも個人のSNSアカウントで情報発信したり、日常を言葉にしてくださったり。作家さんをもっと身近な存在になっていたりするのかな。

「受容」「共感」という言葉が、私のテーマになっているようです。
自分ではない人の言葉を自分のことのように消化することを読書でしてたのだろうと思う。
小説の言葉を、批判や批評をするように読むことは不思議と私はなかった。
利己的に、自分の思う通りに…ならない物語をそのままの私で読んだ。
読書は、他者の思考を沈黙の中で聴く行為。物語の展開をそのまま受け入れる行為。

それは一方通行のようで、読者は自分の気持ちとも対話することになる。そうして自分の言葉をもたなかった私は今、誰かの言葉を養分に自分と対話し、誰かと混じった何者かの私になった。ふくざつに。

ふくざつ。だけど、それはあまりに人間的で好き。そんな自分を好き。
好きなことを、好きな言葉で、自在に扱うことができ、それを他の読み手と共有することが今の時代はできる。読書歴二十余年。私は今年、二度目の成人を迎えた。

君とみた夢

Category : 作詞
「永遠の愛を信じてる」と 無邪気な君のは まっすぐに
前世ずっとまえから 変わらないキミがすきだよ」
アクセル振り切って!

君のいない未来なんて まぼろし
永遠が二人にはあるって
君とみた夢 歌にして
届け!孤独抱えてる者へ

使い古された言葉たちが 漂う 意味もなく Love song
これが最後と 祈る歌には 罪はないけど
鎖を断ち切って!

君のいない未来なんて まぼろし
永遠が二人にはあるって
君とみた夢 やさしいイメージ
君と僕と ここにある生命いのち

君のいない未来なんて まぼろし
永遠が二人にはあるって
君とみた夢 この手 はなれて
異国の地で芽吹いたらいいな

愛が世界 変えるというなら……

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り/読み聞かせ

考え事が趣味みたいなもので、厄介で。
ひとに優しくいられたらいいなと思う。

Booklog