fc2ブログ

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Archives

Comments

Blog Links

春、名残り日

Category : 一般文芸
もし。もしタイムマシンという機械が発明されたら…?
もし過去へ戻り、今を変えることが叶うなら…?
私はきっと、あの、春を告げる3月の終わりに向かうだろう。

******* ***
思えば私の人生は、あの時こうしていれば、こう言っていれば、な人生だった。
「その時」「今でしょ」って時に逡巡し、あとでフィードバックをする人生でした。

できることなら、思ったことは思った時に。
伝えたいことは、思ったその時に。

前向きなことは、そのひとに伝え、
後ろ向きな感情は、殺し、遣り過ごし、
背徳いことは、無いに越したことない。

今は、ただ心の思うまま、
裏表なく、否。表だけで生きてる、このカンジ。
清々しいくらい気持ちが穏やか。

この心持でいられるようになったのも
私のことを表だけ見てくれた人たちの「おかげさま」です。

今のこの気持ちを持ち合わせた躰であの方に会いたい。
で、タイムマシン。タイムマシンときいてあなたは、某国民的アニメの机の引き出しの中の時空移動を思いますか?私は、復讐をしに地球へ来た強敵を一瞬で切り刻んで消したあの未来から来た少年を思います。

過去を変えたことで、
未来も同じように変わるのが、前者の世界観。
その時代は救われても未来は異なる時間軸で変わらず在るのが、後者の世界観。

思うんだ。きっと未来も、過去も、現在も、
さいしょから在るように在るんだって。

人間(ひと)は、自分を物語るようにできているから
物語を描く時点で、過去を現在(いま)は赦していて
現在の延長に未来が在るって知ってる。

春待ち人に春を告げることを叶えられなかった私は
それでも今、こうして何度目かの夏を生きていて。
四季が巡ることをずっと繰り返しているので
やがて訪れる本当の冬を知りながら、キリギリスのように今を生きてる。

******* ***
森見登美彦氏の『四畳半タイムマシンブルース』を読みまして
そんなことをつらつらと思っておりました。

夜行/込由野しほ

Category : 漫画・コミック
fc2blog_2019101012525237f.jpg

美麗な筆致で綴られる、
幻想的な夜と夜を繋ぐ物語――

京都に住むある女子大生・長谷川さんが、
鞍馬の火祭の日に姿を消した。
その日から十年を経て、ふたたび鞍馬に集まったのは、
学生時代の長谷川さんの仲間たち。
彼らが語る、五つの夜の物語…!
(※上巻裏表紙紹介文より)

曙光ということばをはじめて知った作品。
森見登美彦の小説「夜行」のコミカライズ作品。

怪談?青春?ファンタジー?

原作小説を読んだときに感じた、
不穏でいてそのラストの鮮やかさが漫画でも巧みに表現されていて、
読み終えたあとがよい感じ。

夜が明けて、朝が来る
そんなの、あたりまえのことなのに
ああ、朝が来た、としみじみと感じ入る今朝だった。

フラワーコミックスという少女漫画レーベルの漫画だったけれど、
原作が好きなので、書店でこの漫画を手にとることに躊躇いはなかったよ、ハハ。

ヨースケくん/那須正幹

Category : 一般文芸
fc2blog_201903251115032a8.jpg

図書館の児童図書コーナーで、こどもの頃よく読んでいたズッコケ三人組シリーズを探していたら、作者の那須正幹さんの『ヨースケくん』という本をみつける。これは読まねば、と。

作中人物に感情移入する読書体験は愉快。自分と同じ名前の主人公なら尚更です。同じく2月生まれのヨースケくん、持久走大会のゴール寸前にきこえた「がんばらなくてもいいよ」という声…あれは神様の声だったのだろうか?現実と幻想の境界で、ヨースケくんはこれからあんまりがんばらないと決意する。

こどもの頃は、たまに父に図書館へ連れていってもらうと児童図書コーナーへ行き、そう、「ズッコケ三人組」とか「かいけつゾロリ」とかをよく借りていたなあ…って思い出す。こどもにとって学校や図書館は安心できる場所。こうして児童文学を大人になった今読んでみると、すーーとするような感覚。頭がクリアになって、やりたいことを迷わずやる!みたいな感覚を思い出します。

見た目はこども、頭脳は大人――じゃないけれど、
人生の機微のようなものを備えつつ、こどものような自由な感覚をもって生きることができたら、晴れた気持ちですごせるかなーって思ったり。
批判や正論、知識ばかりが勝つ世の中じゃなくて、悪いノリで巫山戯たり、自分の利益ばかり考える世の中じゃなくて、こども達がよろこぶような自由な発想?新鮮な風が吹く楽しい世の中?に生きたいなって思います。

もう春ですね。
花の香りがぷんとする。
花は咲いて ただ揺れて
人は営む。今を生きる。

あんまりがんばらないって僕も決めた!

ネット断ち/齋藤孝

Category : 雑誌・その他
教養を得るために読書をしてるわけでもないけれど、(本を読まなヤバいぞ…)と二十歳前後に焦りのような思いで読書を始めました。ひととのコミュニケーションや語彙力、自分を表現できぬ不安が襲ってきたのです。
自分は特別だと思う若気の至り。ひととは違う。オンリーワン。
自己肯定と、それと反するような他者への罪悪感を併せ持つ。そんな孤独ともいえる二十代をすごしました。

fc2blog_20190127160342f06.jpg

‪齋藤孝さんの本を初めて読みました。
大学で教授をされていて、読書や教養、語彙力などをテーマにした著書を数多く書かれている方です。

この『ネット断ち』には、「沈潜」(チンセン)という言葉が多く登場します。
書物を通して、その言葉を深く読み、偉大な先人の感覚を自身にも昇華させる――。
本を読む行為は、偉大な著者との1:1の対話なのだといいます。

教養のあるなしで人間の価値は決まらないだろうけれど、
人間はそれぞれがもっと複雑だ。そして深淵。
書籍にふれ、紙を通じて物事を深く深く感じられたらいい。

孤独だと思ってた。
でも独りじゃない。
本はいつでもそこに在り、読書体験は私の肉となり栄養になる。
本読み人のモチベーションを上げるような内容の本でした。

こんな私もこころが充足されるような三十代をすごせそうです。
きっと大丈夫!

『虚実妖怪百物語 序/破/急 』/京極夏彦

Category : 一般文芸
情報過多なこの時世…。
ネット記事のネガティブなコメントに逆張りの建設的なコメントを投下する無為な運動。

fc2blog_20190108181549648.jpg

‪「受け入れて、楽しむんですよ、妖怪者は。悲しみも苦しみも受け入れて、それで笑い飛ばすんです。」――京極夏彦『‬虚実妖怪百物語 破』三四五頁
#妖怪馬鹿
#京極夏彦
#ぐっときた

‪ただ 受容するという事…‬
ネット文化を通じて暴かれてしまった他者を慮ることのない人々の言葉。弱い立場にある人に対しても追い打つように正論!
って振りかざす言葉に便乗せず、争うでなく、柳に風のようにしなやかにいたい。
自分のことを受け入れたうえで、身の丈に合う暮らしをしたいなと思います。

ところで‪小説『虚実妖怪百物語』は、序→破→急、の二冊目「破」を読み終えたところ。
この実話系(…ではないか💦)妖怪大戦争はどんな結末を迎えるのか!?‬

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り/読み聞かせ

考え事が趣味みたいなもので、厄介で。
ひとに優しくいられたらいいなと思う。

Booklog