Time is Funny

ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Comments

Archives

吉野北高校図書委員会(2)/今日マチ子

Category : 漫画・コミック
自分の通った高校では年に一度、読書の大会があった。
班ごとに好きな小説を選び、班の中で回し読みをして新聞を作り発表するという行事だった。
なにを選んで読んでたかな…?
忘れちゃった。

あ、二年の時は湯本香樹実さんの『夏の庭』だった!
でも読んだ記憶…あんまりない。

僕は「趣味は読書」だといえるようになるのは大学生になってからで、勉強するだけでも面倒なのに本を読むなんてとても面倒くさいと思ってたくらいだから何がきっかけで人は変わるか分からない。

そんな高校生の頃でも読書体験をしたと胸をはれるのは、
国語の授業で読んだ安部公房さんの『赤い繭』にショックを受けたこと。
学校の図書館で初めて文庫本を借りたんだ。
文庫本は大人なイメージ。ちょっと背伸びした気分でその夜読書をしたなあ。

そんな学校の図書館という舞台の漫画を、、、

今日マチ子さんの『吉野北高校図書委員会(2)』
文芸雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されている作品のコミックス第2巻です。



高校生はフクザツで、想いを素直に口にできなくて、恋する気持ちと知れなくて、かたちにできない想いを抱えたりしながら、でも学生生活を同世代と過ごし、大人たちに見守られながら未来に向かい進んでいるんだ、と。大人しくて真面目で何も考えてなかった高校時代の自分に「喝!」を入れに行きたいくらい高校生たちは高校生を生きている。

体は未来にしか向かえないけれど、
あの頃のくそダサい自分も引き連れて今を生きよう・って思った。

solanine

Category : 漫画・コミック
ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)ソラニン 1 (ヤングサンデーコミックス)
(2005/12/05)
浅野 いにお

商品詳細を見る


古い雑誌を読んでたら浅野いにお特集してた。
ソラニンが映画化した頃だろうか。
バンド映画を観たくなって最近ソラニンを観たのだけれどこれ、マンガ原作だったのね。
ということでコミックスをあの【古本買取センター】で破格で仕入れましたので読んでみました。

登場人物たちは冴えない感じの社会人。というかフリーランスなやつも。
働いていても学生気分が抜けず、バンドも宙ぶらりんな感じ。
この青春をひきずった感じの青年たちのお話。

主人公のひとりが死にます。
残されたカノジョのゆるい再生の物語かもね。
前向きな読後感を残して全二巻。

誰もが一度は感じるであろうソツのないオトナに対する漠然としたあのナットクいかない感情をふり払ってくれるような物語でした。

水色ムスタング。ほすぃ~♪

blogram投票ボタン

ジョジョの奇妙な魅力

Category : 漫画・コミック
おろ。おろ。おろ。
気がついたらスポンサー広告が出てくるくらいブログ放ったらかしてた…
今年も残すとこ少しですね。
今、年末調整でおたおたしています。おかげで仕事が減りそうです。

最近ですね、ジョジョの奇妙な冒険が連載25周年だそうで。
TVアニメとかもやってますけれども。
ジョジョといえば僕は第四部の杜王町編なわけです。
そんで、今連載中の第八部ジョジョリオンの舞台も杜王町なんですね。
世界的にはパラレルワールドになってるらしく第四部の続きではないようですが。
なつかしいんですな。あの日常に潜むスタンド使いのバトルが。

で、話は戻しまして、ジョジョといえば第四部。
第五部以降はどうしたかというと、当時の僕には作中で何が起こってるのか理解できずにいつの間にか週刊ジャンプでは読まずに飛ばす対象になりまして記憶にないんですね。
で、改めて現在。レンタルコミックで読んでみると面白い面白い!第五部おもしろい!
イタリアが舞台でオシャレな主人公たち!スタイリッシュなスタンドバトル!
一気に読みきりました。

ジョジョって血脈の闘いなんですよね。DIOとジョジョの。
アニメを見てDIOとジョジョの関係を知った程度で、第三部までの話は全く知らないんだけど、その片鱗は第四部やそれ以降にもちりばめられている。
スタンドと弓矢の関係性とか。
古代の力の系譜とか。

でも、そんなん抜きに面白ィイのだ。
ジョジョは人間賛歌だというそうだ。
悪役の饒舌さ。主人公の心の成長。そして黄金の精神。
そんなジョジョの語録を集めた書籍「ジョジョの奇妙な名言集」もお薦めですよ。

ジョジョの奇妙な名言集 part4〜8 <ヴィジュアル版> (ジョジョの奇妙な名言集)ジョジョの奇妙な名言集 part4〜8 <ヴィジュアル版> (ジョジョの奇妙な名言集)
(2012/04/17)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る

ジゴスパーク!

Category : 漫画・コミック
うひゃあ。
気がついたら一か月以上ブログ放置してた!
ごぶさたもごぶさたです。
こんにちは。こんばんは。
いかがお過ごしでしょう?

最近は仕事も順調で、疲れを感じることもありますが、やりがい持ってやってます。

ところで今日はブックレビューをしようかな、と。
巷で流行っているという絵本『地獄』を読んでみました。
この地獄という絵本。
こどもの読み聞かせなどで最近よく読まれているようです。
でも、内容はホントの地獄絵。
江戸時代の絵巻物から引用したその挿絵は阿鼻叫喚そのものです。
これ、ほんと、こどもさん泣き出すレベルだと思う。

でも編集者があとがきで書いてるように、
「死を恐れることのない子供らが育っていくとしたら、こんなにこわいことはありません。」
この絵本は“死”というたいへんヘヴィーなテーマをとっつきやすい絵本で扱う教育本なのだと思いました。

ついでに。
自分にもしこどもができたらこの絵本とか怪談えほんとか読み聞かせてあげたいと考えてる。
絵本・地獄絵本・地獄
(1980/08)
白仁成昭、宮次男 他

商品詳細を見る

そんでこっからはコミックのレビュー。
地獄つながりですが、『鬼灯の冷徹』という漫画を紹介します。
これは2012年の書店員が選ぶお薦めコミック第一位の漫画だそうですよ。
テーマも好みだし買ってみた。

地獄という非現実の世界観をポップな絵で面白く表現されています。
ポップでキュートで。
コミカルでシニカルで。
サディスティックでファンタスティックで。

これはお薦めだわ。
鬼灯の冷徹(5) (モーニング KC)鬼灯の冷徹(5) (モーニング KC)
(2012/05/23)
江口 夏実

商品詳細を見る


blogram投票ボタン

2年A組四ッ谷先輩の怪

Category : 漫画・コミック
詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。 1 (ジャンプコミックス)
(2010/06/04)
古舘 春一

商品詳細を見る

ジャンプで連載してた『詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。』を今更ながらコミックスで買って読みました。

この漫画・・・、
漫画だけど地の文で読ませる漫画だなあ、というのが感想。
ちと文学的なのである。
絵も丁寧で好感が持てる。もちろん演出効果も。

連載当時からこれはコミックスで一気読みの作品だなと思いつつ流し読みしてたが、
まさかのコミックスをスルーしてた!

なして?!

この雰囲気はモロ好みなのにである。

まあ、それは、いい。
個人の勝手、である。

この作品。全3巻なのだが、作者のデビュー作含め短編を3つも詰めこんであり
それを読んでもこの四ッ谷先輩に賭ける意気を感じたのであった。

しかもこの主人公である四ッ谷先輩の語りには
かの黒衣の古本屋陰陽師の憑き物落としの手法を想起させた。

しかし京極堂のそれと違う所は憑ける点。
怪談をばらまき、犯人をあぶり、怪異をみせる。
まさにそれは学園モノのダークヒーローの登場で、ジュヴナイル版・京極堂を思わせる大物の登場であった。

とは、言いすぎだ、な。

七不思議の最後の「花子さん」において怪談で癒しの効果をもたらしたのも
単にホラー作品でないのだと、救いがあるのだと、
怪談の形式を壊さなかった点においても評価されるべき作品ではなかろうか。

blogram投票ボタン

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り

時々気が狂いそうになることもございますが、おおむね温厚です。

褒めて伸びる子です。拍手やコメントをいただけると、飛んで跳ねて喜びます。

Blog Links