ようこそおこしや数

現在の閲覧者数:

Category

Archives

Comments

Blog Links

ビックリマンチョコ

Category : 日常的雑記
fc2blog_20180612110037379.jpg
#ビックリマンチョコ #ロッテ #懐かしい味

童心に帰る。

そう、こどもの頃の感覚を思い出すような。
スーパーのお菓子コーナーで欲しいお菓子はおまけ付きのお菓子で、でもそれは親の言うおやつ代の上限をこえるもので。おまけのおもちゃがメインで気持ちばかりのラムネ菓子はそれは贅沢なものだった。

ひさしぶりに食べたビックリマンチョコの味は、昔と全然かわらぬ味で、30年近くの年月を忘れちゃうくらい過去に振れ戻る味でした。おまけのシールも心くすぐるもので、集めたくなるよ。

こどもごころを持った大人は強い、、って思うことがあって。
大人になるといろんなことに窮屈に感じてしまうこともあるけれど、こどもはもっと遊んでいたな.って。悪ノリで巫山戯ることは大人もこどもも見られたものじゃないけれど、ものごとをたのしむ心は持っていたいと思う。

ここ最近、たしかにこどもに戻るような感覚が、ある。
世の中で言及されるいろんな問題も、こどものことを思って考えると、それをこどもの顔を見て言えることなのか?って考えたり。

こどもに優しいことは、多くの人にとっても優しいことなのだと思っています。
ビックリマンチョコ食べて、そんなことを思いました。

2018/5/26 ●オ(3-6)ロ○

Category : スポーツ
プロ野球も開幕から早二箇月がたち、交流戦がせまるロッテとの三連戦の中日は神戸で行なわれました。昨シーズンに比べ、好不調の波がすくない我がバファローズ(Bs)は、勝てば勝率5割に戻すことになる大事な試合。

天候にも恵まれ、初回エラーで失点するも、裏の攻撃で宮崎選手の先頭打者本塁打などで試合の「流れ」をこちらに引き戻す。

相手チームのロッテは4位のBsと1ゲーム差の5位ではあるが、レフト側の外野応援席はファンで満たされ、ホームゲームかと見違うほどの熱のある応援で、そのパワー、確実にチームに勢いをつける強者の応援だわ…と圧倒されます。

fc2blog_20180527175043f1a.jpg

どんなスポーツにも試合には「流れ」というやつは確かにあって、それは両者を行ったり来たりしながら揺らいでいて、そいつがよこす好機を活かすかどうかで勝負は決まると思っています。失策や弱気は流れを逃がし、よいプレー、気持ちの入ったプレーは流れをもってくる。

fc2blog_20180527174956f3a.jpg

気持ちのいい応援は、そのチームに好影響を与える、という考えがあって、千葉ロッテさんの一体感のある応援はノリがよく、太鼓の音が小気味よく、「サポーター」と呼ぶが正しいような力強い応援でこちらも気持ちよく、うらやましい。

「流れは自分たちでもってくるモンだろう!」とは、スポーツ漫画の、ある台詞。
Bsだってチームも選手も悪いことない。
今日(5/27)の試合を同じ相手に勝ったことでまだ戦える。

来週から始まるセ・パ交流戦で上位を目指して、よい流れをもってきてほしい。

こどもともともだち

Category : 日常的雑記
おひさしぶりぶりざえもん。

はしらのきずはおととしの♪
ごがついつかのせいくらべ♪

ッと――きたもんだ。

6歳の姪と2歳の甥をうちで預かり、遊び相手になることがしばしばあって。
こどもってやつは、かわいいな!このやろう。
いろいろやりたいこと、思ったことを好きなように言ってくれて、底なしの元気。
休みなく遊び、遊ぶことが仕事な彼らは、容赦なく大人を遊びのフィールドへといざなう。
子をもつ親御さんたちは偉いですホント。

保育園でおぼえてきた遊びや手作り衣装をこさえたい姪。
ぶっぶ、ぶっぶ、とトミカのおもちゃに興じる甥。

無邪気で素直で、裏表なく思ったままの子たちの声は綺麗に耳に入ってきます。一緒に遊び倒して大変だけれど。

…ふう。半日のお相手をし、今ようやく落ち着いて部屋の片づけしてマス。
おつかれさまだけれど、清々しい気持ちなのはどうしてだろう、ふふふー。

第一部【完】

Category : 当ブログについて
…なんちゃって(笑)

大人になるまで言葉少なで、何を考えているのか周囲はわからなくて困る子だったように思います。自分でさえ自分の気持ちをわからなかったのだから困ったものだ。
登下校を友人たちがおしゃべりしながら歩いてるのをそばで聞いてるだけ。聞いて一緒に笑ってるけれど話に参加しない、とか。
というか、自分では話がうまくできない苦手意識があったように思う。一緒に歩いていて気まずい思いをしていた時は、相手も同じ気持ちだっただろうなと思う。

このブログをはじめたのは2009年の初夏で。
自分の、言葉にすることの不得手な自分の思いを、言葉にすることの訓練だと息巻いてはじめたんだった。個人的な日記よりもオープンな、ネットのむこうの誰かに伝わることをどこかで意識しながら。

文章だと、なんて饒舌。
言葉をおぼえたての頃の幼子のように、好きなことを好き勝手に言う。
実際に会ってお話をすると、言いたいことを上手く伝えられてるか、不躾なことを言ってしまっていないか不安なのは相変わらずだけど。

ほんとは言葉は要らないのかもしれない。
同じ空気を一緒に吸って、顔を合わせて、ひとことふたこと思ったことを声にして、微笑し、なんだか微笑ましい時間を同じくすごせたらそれで幸せなのかもと思う。

ひととの出会いさえも風まかせで。
会いたいときに会えないのなら、それもそれまでなのかしら?
ふいな邂逅に戸惑うこともあるけれど、「その時」にできなかったと後悔することはもう嫌だから、ちゃんと挨拶をする。ご近所でさえいつでも会えるとは限らないんだ。

虚構(ネット)と現実(リアル)って思っているより近くて、遠い。
時間も空間もすっとばして共有できるようでいて、遠い距離感。

仮想現実を楽しんだのちに帰るところは、近くにいてくれる人たちなのだなと思う。
お相手してくれて「ありがとう」の気持ちと。
離れていても遠くても、どこかであなたが笑っていますように…。


【ヨースケ先生の次回作をご期待ください】
「Mr.SundayのPicnic気分。」
ヨースケ

2018/3/10 ●オ(2-7)巨○

Category : スポーツ
プロ野球のオープン戦が開催され、いよいよペナントレースももうすぐです。
昨日は雲ひとつない晴天で。
贔屓球団(オリックス)を見に、父と、ほっと神戸へ。

fc2blog_20180311182851ea9.jpg

ドラフト1位の左腕、田嶋投手が先発し5回を2失点と、期待できる内容だったのかなと。
ホーム球団の守備から試合が始まりますが、各々がポジションにつく時にかかっていた曲は、欅坂46の「エキセントリック」で。
どうやら田嶋投手は欅坂のファンのようです。

外野自由席のバックスクリーン近くの席が好きでしてね、
鳴り物をつかう応援団と少し距離をおいて、でもそんな応援歌が嫌いでないから、ひっそりと程よくテンションあげて。

fc2blog_201803111829077be.jpg

春はもうすぐそこですね。
花冷えのする陽気な週末でした。
ではでは。

Profile

ヨースケ

Author:ヨースケ
Blood:B
Cycle:亥
Delight:読書/弾き語り

考え事が趣味みたいなもので、厄介で。
ひとに優しくいられたらいいなと思う。

Booklog

Twitter